どんな原因が考えられる?

 
いびき対策にはどんな方法があるのか?

簡単に止めるにはどうすれいいのか?

おそらく、あなたも以下のようなことで悩んでいるかと思います。

夫と一緒に寝ていても、うるさく眠れない・・・
彼氏、彼女のいびきがうるさくてショックだった・・・
電車の中でもかくのが恥ずかしい・・・
睡眠時無呼吸症候群が心配・・・


この悩みを解決するためにも、いびき対策をしましょう。

まず、いびき対策の前に原因について知っておくことが大事です。

♪お急ぎの方はコチラをご覧ください。⇒ いびき解消法




いびきの原因には?

そもそも、いびきの原因って何があるのか?

いびき対策する前にその原因は知っておいた方がいいでしょう。

具体的には、3つに分けることができます。

・喉の狭さ
・鼻の異常
・病気



喉の狭さ

先ず、喉が狭い状態では、当然、呼吸がスムーズになりませんので、それでいびきが起こりやすいんですね。

それに、扁桃腺が炎症している場合や口蓋垂が大きい場合も喉を狭くするので、イビキをかきやすいと言われています。

その他にも、仰向けで寝る事もそうですし、加齢も喉を狭くする要因となります。


鼻の異常

次に鼻に何か異常がある場合も、いびきをかきやすくなります。

これは鼻に異常があると口を開けて寝ることが多いからです。

例えば、蓄膿症だったり、花粉症の人は鼻の通りが悪いですので、寝ている時は口呼吸になってしまいます。


病気

そして、なんらかの病気が関係している事もありますので注意が必要です。

例えば、心臓疾患や呼吸器疾患などでいびきが発生する可能性もあります。

イビキは他人の睡眠を妨げるだけではなく、自身の睡眠の質を低下させてしまうので、早めにいびき対策すべきです。

もし、パートナーにイビキがうるさいと言われたなら、一度病院で診てもらい確実にいびき対策をした方がいいかもしれませんね。


いびきの原因 以下 All Aboutより引用しています。

目覚めているときの呼吸の音は、近くにいる人でもほとんど聞き取れません。それが、眠ると電車のガード下なみの大いびきをかく人がいるのは、なぜでしょうか?

通常、鼻や口から吸い込まれた空気は、スムーズに肺まで達します。ところが、この空気の通り道(気道)が狭くなっていると、乱気流が起こって音が出ます。リコーダーが鳴るのと同じような理論です。

また、空気が上顎の奥の方(軟口蓋)やのどちんこ(口蓋垂)を振動させて、音を出すこともあります。唇を震わせて吹くトランペットと、同じメカニズムです。さらにこれらの音が、のどや鼻で共鳴して大きないびきとなるのです。

気道が狭くなる原因には、次のようなものが挙げられます。

舌が大きい
下顎が小さい
首が太くて短い
口蓋扁桃(いわゆる扁桃腺)や咽頭扁桃(アデノイド)が大きい
口蓋垂(のどちんこ)が長い
鼻が詰まっている
口呼吸をしている
口の周りの筋肉(口輪筋)が弱い



放置すると・・・


この症状を軽く見て、そのまま放置する人が多いですが、
実は、みなさんが思っている以上に深刻な問題なんですね。

たかが、イビキだと思っていたら重大な病気が関係している可能性もあります。

なぜなら、呼吸をスムーズに出来ないので心臓への負担が大きく、睡眠の質は悪くなってしまうからです。

もちろん、睡眠の質が悪いと集中力や記憶力が低下しますので、仕事や勉強に影響が出てくるでしょう。

それに、一緒に寝ている人の睡眠を妨げることにもなるので、早めに治療するなど対策を取るべきです。

ちなみに、イビキを引き起こす病気には・・・

睡眠時無呼吸症候群

脳梗塞


これらがあります。

ご存じの方も多いと思いますが、睡眠時無呼吸症候群とは寝ている時に一時的に呼吸が止まってしまう病気で、いちじるしく睡眠の質を低下させてしまいます。

日中に我慢する事が出来ないほどの強い眠気を感じるような場合には睡眠時無呼吸症候群を疑った方がいいでしょう。

また、急にかくようになった場合に注意したいのが脳梗塞です。

脳梗塞は、直接、命に関わる病気ですので、早めに治療をしないと大変なことになります。

ですので、このような病気を引き起こさない為にも早目にいびき対策をしてください。



いびき対策するには?



では、いびき対策と解消法にはどのようなものがあるのか?

方法としては、以下の3つがあります。

・横向きで寝る

・鼻呼吸を心がける

・規則正しい生活習慣を意識する


この3つがいびき対策するうえでも重要なポイントになります。

では、それぞれ詳しく解説していきますね。


横向きで寝る

はじめの、横向きで寝るですが、これを行う事により、
気道が確保されますので、それで空気が通りやすくなるんですね。

すると呼吸はスムーズに出来るようになりますので、
その結果、予防をすることが可能になります。

ですので、普段、仰向けで寝ているような方は、
いびき対策の為になるべく意識するようにして横向きで寝てみてください。


鼻呼吸を心がける

次に鼻呼吸を心がけるですが、口呼吸と言うのは、
やはり、原因となりますので、常に鼻呼吸をするようにしましょう。

普段、口呼吸がしている人は、はじめは難しいかもしれませんが、
焦らずにじっくりと改善していくことをお勧めします。


規則正しい生活習慣を意識する

3つ目の規則正しい生活習慣を意識するですが、
やはり、不規則な生活をしていては、いびきをかきやすくなりますので、
生活習慣が乱れているようなら、この機会に見直すようにしましょう。

生活習慣と言っても色々ありますが、具体的には・・・

・ストレスを溜めない対策をとる

・栄養バランスの良い食事で対策する

・十分な睡眠を摂って対策する

・適度に体を動かして対策する


などです。

これらのことを意識して、いびき対策に励んでみてください。

ただ、これらの事を行っても、全然、改善されないような場合は、
専門医に相談するようにして、適切な処置を受けた方がいいでしょう。

ちなみに、この症状で怖いのは、寝ている時に、呼吸が止まったりすることです。

いわゆる、睡眠時無呼吸症候群になってしまい、突然死する場合もあるんです。

ですので、そのような事にならない為にも、しっかり対策をしなければいけません。


その他

また、その他のいびき対策としては・・・

ツボ押しやマウスピース、横寝枕などのグッズ等!

さらに、以下のようなイビキを治すようなトレーニングもありますので、
ぜひ、いびき防止に役立ててください。